税務指導

商工会の記帳機械化システムを利用しませんか?

  1. 青色申告特別控除を65万円にするために!
  2. 決算・申告の時期にまとめて集計しなくていいように!
  3. きちんとした記帳・会計処理を行い、節税をするために!
皆さん、今年の青色決算書を見てください。
損益計算書の右端の一番下にある所得金額の一つ上にある青色申告特別控除額はいくらになっていますか。
55万円だった方、現状以上で来年は65万円控除となります。

ただし、10万円か45万円だった方、そのままでは、来年は10万円しか控除されません。
もし、65万円の控除にしたいなら、日々の取引を正規の簿記の原則(複式簿記)に従って記録していく必要があります。

その65万円控除を簡単に実現してくれるのが

商工会の記帳機械化システム

なのです。今すぐご利用を!!

【利用は簡単】

  • 商工会の会員で青色申告をされている方なら、今すぐ始められます
  • 毎日の現金・買掛・売掛の動きを把握して日計表に記入、そして通帳のコピーを商工会まで毎月1回持参するだけでOKです
  • 費用も経済的になっております。

※この機会に是非とも商工会の記帳機械化システムのご利用をご検討ください。

(注)税制改正がありました

  • 平成17年分の確定申告(18年2月16日~3月15日)から青色申告特別控除が65万円控除か10万円控除のどちらかになります
  • 売上が1,000万円を超えた方は翌々年に消費税の課税事業者となってしまい、赤字・黒字に関係なく消費税を納めなければなりません
  • 平成17年分の申告から老年者控除50万円の控除がなくなります

コメントは受け付けていません。